EucalyptusAdministratorGuide_v1.5.2


Eucalyptus (ユーカリプタス) 動作条件 (version 1.5.2)

以下に Eucalyptus を構築・実行するために必要な、アプリケーションの依存関係など、幅広い動作条件を記載します。サポート済みのディストリビューションの依存関係は、そのディストリビューションを使っている場合だけではなく、ソースからインストールを試みる場合にも、役立つ情報になるでしょう。

1. ソースからのコンパイル時に必要な環境

  • C 言語コンパイラ
  • Java Developer Kit (SDK) version 1.6 以上
  • Apache ant 1.6.5 以上
  • libc 開発環境*1
  • pthreads 開発環境
  • libvirt 開発環境
  • Axis2C 及び rampart 開発環境 (Eucalyptus に同梱されています)
  • Curl 開発環境
  • openssl 開発環境
  • オプション: zlib 開発環境

2. Eucalyptus の実行に必要な環境

Eucalyptus は「フロント・エンド」として動作するか、それとも「ノード」として動作するかによって、必要となるコンポーネントが多少異なります。「フロント・エンド」か「ノード」かによって、実行時の動作条件が異なるためです。ですが、1台の物理マシンは、「フロント・エンド」と「ノード」の役割を兼ねることができます。

フロント・エンド実行時の動作条件

  • Eucalyptus のフロント・エンドとして実行している コンポーネントは、Java 6 が必要です。その際、多くの Linux ディストリビューションでは、Java 向けの GNU コンパイラ(gcj) が組み込み済みですが、それだけでは不十分なので注意してください。環境変数 JAVA_HOME が、JDK が存在している場所に、正しくパスが通っているか確認しなくてはいけません。
  • Apache ant はクラウド・コントローラを実行時に必要です。
  • Perl は、便利なスクリプトを使う際に使用します。
  • クラウド利用者のメールアドレスあてにメールを送信するために、先頭のノードではメールを中継(relay)できるようポート 25 番でメールサーバを動作させる必要があります。メールサーバにはSendmail、Exim、Postfix など、シンプルなもので構いません。メールを受信する設定を行う必要もありません。ほとんどの Linux ディストリビューションは、この条件を満たすでしょう。ローカルホストからのメールの中継が正しく行われているかどうかは、それぞれのサーバの端末から"mail" コマンドを使い、自分自身にメールが間違いなく届くかどうかテストを行ってください。
  • ネットワーク機能をサポートする依存関係は、Eucalyptus の動作モードにより異なります(詳しくは、ネットワークの設定を御覧ください)。それぞれ、次の条件を満たしてください。
    • すべてのモードで必要
      • iproute 及び iptables パッケージ( ip と iptables コマンドが動作すること )
    • SYSTEM モードを除くすべてのモード
      • DHCP サーバと互換性のある ICS DHCP デーモン version 3.0.x(dhcp3-server)
    • MANAGED モード・MANAGEN-NOVLAN モード
      • bridge-utils パッケージ(brctl コマンドが動作すること)
    • MANAGED モード
      • vlan パッケージ(vconfig コマンドが動作すること)
  • 永続的にダイナミック・ブロック・ストレージ(別名 EBS )を使用する場合、フロント・エンドには次のパッケージをインストールしておく必要があります。
    • lvm2 パッケージ(lvm コマンドが使える等)
    • aoetools パッケージ。aoe モジュールは、すべてのノードはもちろん、フロント・エンドでもロードしておく必要があります(modprobe aoe)。Linux カーネルが ATA-over-Ethernet をサポートしていない場合、サポートするようにしてください。
    • vblade パッケージ

ノード実行時の動作条件

  • Perl スクリプトがノード・コントローラによって実行されます。
  • 2種類のハイパーバイザーをサポート
    • 1. Xen (version 3.0.x 以上)
      • 更に xen-utils パッケージが必要です( xm コマンドが動作すること)。
    • 2. KVM
  • ネットワーク機能をサポートする依存関係は、Eucalyptus の動作モードにより異なります(詳しくは、ネットワークの設定を御覧ください)。それぞれ、次の条件を満たしてください。
    • すべてのモードで必要
      • iproute 及び iptables パッケージ( ip と iptables コマンドが動作すること )
    • MANAGED モード・MANAGEN-NOVLAN モード
      • bridge-utils パッケージ(brctl コマンドが動作すること)
    • MANAGED モード
      • vlan パッケージ(vconfig コマンドが動作すること)
  • libvirt パッケージ(ハイパーバイザーによって異なりますが、ほとんどは libvirtd です。)

Eucalyptus の全コンポーネントについて

  • Eucalyptus コンポーネントのインストールや起動は、 root 権限で実行してください(標準の設定では、起動後は別のユーザ権限で動作します)。なお、本ドキュメントでは、すべてのコマンドが root によって実行されていると仮定させてください。

Rocks 利用者向けの注意事項

Eucalyptus 1.5.2 では、Rocks ベース(version 5 以上)のクラスタ上へインストール可能です。その際、Java をフロント・エンド上にインストールしなくてはいけません。また、各下層マシン・コンテナが xen で動作するようにします。動作時に注意してください。残念なことに、最新版の Rocks では、素のままインストールされている JDK の java は、不十分なものです。「手動で」 JDK 1.6.0 をインストールしてください。

3. ディストリビューションごとの必要環境

Eucalyptus を構築・動作に必要となる、それぞれの Linux ディストリビューションごとの動作条件です。

  • openSUSE 11.1 では、次のコマンドで、動作に必要全パッケージを組み込めます。
    yast2 -i bzr python-paramiko make gcc ant apache2 apache2-devel\
       java-1_6_0-openjdk java-1_6_0-openjdk-devel libvirt-devel libcurl-devel\
       vlan dhcp-server bridge-utils ant-contrib ant-nodeps curl libvirt
  • Ubuntu 9.04 では、次のコマンドで、動作に必要全パッケージを組み込めます。
    apt-get install bzr gcc make apache2-threaded-dev ant openjdk-6-jdk\
       libvirt-dev libcurl4-dev dhcp3-server vblade apache2 unzip curl vlan\
       bridge-utils libvirt-bin kvm
  • CentOS 5.3 では、次のコマンドで、動作に必要全パッケージを組み込めます。
    yum install -y java-1.6.0-openjdk-devel ant ant-nodeps libvirt-devel\
       curl-devel httpd httpd-devel apr-devel openssl-devel dhcp 
  • Debian では、次のコマンドで、動作に必要全パッケージを組み込めます。
    apt-get install gcc make apache2-threaded-dev ant openjdk-6-jdk\
       libvirt-dev libcurl4-dev dhcp3-server vblade apache2 unzip curl vlan\
       bridge-utils libvirt-bin kvm sudo 

詳細なインストール方法については、ディストリビューションごとの詳細ページを御覧ください。

5. Eucalyptus との連携

Eucalyptus を直接制御したい場合は、EC2 互換のコマンドラインで動作するツールをインストールしなくてはいけません。euca2oolsという、コマンドライン・ツールの導入方法に関するドキュメントは Eucalyptus チームから配布されています。ユーカリの生態系というページでも紹介しているように、ほかにも多くのサード・パーティ製のツールを使っての連携もできます。


進む:インストール概要

戻る:管理者ガイド (Administrator's Guide)


原文:http://open.eucalyptus.com/wiki/EucalyptusPrerequisites_v1.5.2


*1 訳者注:原文では「development files。広い意味で開発環境と訳します。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-22 (火) 00:48:49 (3708d)