EucalyptusAdministratorGuide_v1.5.2


openSUSE 11 に Eucalyptus (1.5.2) をインストール

Eucalyptus を CentOS 5.3 にインストールするには、ソースから行う方法と、バイナリの RPM パッケージを用いる方法があります。このドキュメントでは、Eucalyptus を RPM を使ってのインストールを行います。

RPM のダウンロード

Eucalyptus のバイナリは、クラウド・コントローラ(-cloud パッケージ)、クラスタ・コントローラ(-cc パッケージ)、ノード・コントローラ(-nc パッケージ)のように、複数のバイナリ・パッケージに分割されています。インストールを簡単にするために、Eucalyptus 依存するサードパーティ製のパッケージ( Rampart、Axis2C、その他の Java ライブラリ )を、1つの tar 形式のファイルにまとめてあります。

適切な tar 形式のファイルを http://open.eucalyptus.com/downloads からダウンロードしてください。

  • 32 ビットに対応したマシンは、eucalyptus-1.5.2-opensuse-i386.tar.gz をダウンロードします。
  • 64 ビットに対応したマシンは、eucalyptus-1.5.2-opensuse-x86_64.tar.gz をダウンロードします。

一時的な作業ディレクトリで、tar 形式のファイルを展開します。

tar zxvf eucalyptus-1.5.2-*.tar.gz
cd eucalyptus-1.5.2-*

その他に依存するパッケージは、標準のリポジトリ中にあります。

動作条件

openSUSE の標準的なインストールを行った後は、Eucalyptus の動作条件を満たすために、次の作業を行います。

1. フロント・エンドと、ノードと、クライアント・マシンそれぞれのシステム時間を同期します(例えば NTP を使う)。

sntp -P no -r pool.ntp.org
yast2 -i ntp
/etc/init.d/ntp restart

2. Eucalyptus を実行するために必要な、依存関係にあるすべてのパッケージをインストールします。

# フロント・エンドのマシンで実行
yast2 -i ant apache2 apache2-devel java-1_6_0-openjdk java-1_6_0-openjdk-devel libvirt libvirt-devel curl libcurl-devel vlan dhcp-server bridge-utils ant-contrib ant-nodeps

# ノードのマシンで実行
yast2 -i xen libvirt libcurl-devel vlan apache2

3. ノードを完全にインストールした後は、Xen をカスタマイズしてインストールします。

  • 推奨:Xen が正常に動作されたかどうかを確認するためには、ブリッジされたネットワークから、仮想マシンが通信が可能かどうかを手動で行ってください。
  • ノードでネットワークのブリッジを設定するには、'yast2' コマンドを使います。
    • Network Devices
    • Network Settings
    • 'OK' を選択
    • Traditional Method with ifup
    • Overview
    • Add
    • Device Type: Bridge
    • Next
    • Bridged Devices: eth0 (プライマリ・インターフェース名が表示されます)を選択
    • Next
    • Continue
    • Ok
  • libvirt デーモン(libvirtd)が実行されていて、正常に設定されているかを確認します。
    • /etc/init.d/libvirtd start
    • virsh list

4. ファイアウォールのルールには、Eucalyptus コンポーネントの相互通信と、Eucalyptus と通信するクライアントとの通信を許可しなければなりません。

  • 注意:フロント・エンド側では、ポート 8443、8773、8774 を開いておく必要があります。ノード側では、ポート 8775 を開かなくてはいけません。
  • Elastic IP やSecurity Groups を使うつもりであれば、ファイアウォールを無効にすることを考え、Eucalyptusu を使うためにカスタマイズしたファイアウォールのルール(詳細は ネットワーク設定? を御覧ください)を検討してください。
    • yast2 firewall startup manual
    • /etc/init.d/SuSEfirewall2_init stop
    • reboot

フロント・エンドに RPM を使ってインストールします

この例では x86_64 アーキテクチャを使用する場合を扱っています。32 ビットのアーキテクチャを使用している場合は、i386i586 に置き換えてください。

フロント・エンドで、依存関係にあるサードパーティ製の RPM をインストールします。

cd eucalyptus-1.5.2-rpm-deps-x86_64
rpm -Uvh aoetools-25-2.49.x86_64.rpm \
         euca-axis2c-1.5.0-2.x86_64.rpm \
         euca-rampartc-1.2.0-1.x86_64.rpm \
         vblade-15-2.49.x86_64.rpm
cd ..

名前に -cloud や -cc が付く RPM もインストールします。

rpm -Uvh eucalyptus-1.5.2-1.x86_64.rpm \
         eucalyptus-cloud-1.5.2-1.x86_64.rpm \
         eucalyptus-gl-1.5.2-1.x86_64.rpm \
         eucalyptus-cc-1.5.2-1.x86_64.rpm

ノードへ RPM を使ってインストールします

それぞれの計算ノードで、依存関係にあるパッケージをインストールします。

cd eucalyptus-1.5.2-rpm-deps-x86_64
rpm -Uvh aoetools-25-2.49.x86_64.rpm \
         euca-axis2c-1.5.0-2.x86_64.rpm \
         euca-rampartc-1.2.0-1.x86_64.rpm \
         vblade-15-2.49.x86_64.rpm
cd ..

ノード・コントローラに関連するパッケージもインストールします。

rpm -Uvh eucalyptus-1.5.2-1.x86_64.rpm \
         eucalyptus-gl-1.5.2-1.x86_64.rpm \
         eucalyptus-nc-1.5.2-1.x86_64.rpm

インストール最終ステップ

インストールにおける最終ステップは、ユーザ 'eucalyptus'( RPM パッケージのインストール時に自動生成されます)が、すべての計算ノード上において、libvirt を通してハイパーバイザーと連携できるように設定済みかどうか確認します。簡単な動作確認の方法は、それぞれのノード上で次のコマンドを実行してみることです。

su eucalyptus -c '(sleep 1; echo foobar; echo always) | virsh list'

'foobar' の部分には、自分の使っている root パスワードを入力してください。あるいは、それぞれのノードに手動でログインしてコマンドを実行する方法もあります。'su' コマンドで 'eucalyptus' ユーザに切り替え、'virsh list' を実行する方法ですが、root パスワードやエンターキーの入力を'常に'行わなくてはいけません。

Eucalyptus サービスを起動するには、次のようにします。

フロント・エンド上:

/etc/init.d/eucalyptus-cloud start
/etc/init.d/eucalyptus-cc start

ノード上:

/etc/init.d/eucalyptus-nc start

その他の関連する設定

Eucalyptus で Elastic IP や Security Group を使うつもりであれば、仮想マシンのネットワークを VLAN タグを使っての分離や、その他にも幾つかのパッケージをインストールすなければなりません。次のコマンドを実行してください。

yast2 -i bzr python-paramiko make gcc ant apache2 apache2-devel java-1_6_0-openjdk \
   java-1_6_0-openjdk-devel libvirt libvirt-devel curl libcurl-devel vlan dhcp-server \
   bridge-utils ant-contrib ant-nodeps

戻る:管理者ガイド (Administrator's Guide)

進む:システムの設定


原文:http://open.eucalyptus.com/wiki/EucalyptusInstallationOpensuse_v1.5.2


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-22 (火) 00:51:04 (3529d)