Swift/使い方

クライアントからの利用方法についてです。

Cloud Files API

SwiftはCloud Filesプロトコルを使用しています。
Cloud Files用のAPIが公開されており、PHP、Java、.NET、Ruby、Pythonのライブラリが提供されています。

CyberDuck?からの利用

Cloud Filesプロトコルに対応しているソフトウェアにはCyberDuck?があります。

Mac OSからの利用

デフォルトの状態では、CloudFiles?を選ぶとサーバのアドレスが固定されています。
下記のコマンドを実行することでSwiftを選ぶことができるようになり、サーバアドレスを編集できるようです。

# defaults write ch.sudo.cyberduck protocol.cf.swift.enable true

ただし現状、動作を確認出来ていません(調査中)
Swiftのドキュメントにも、CyberDuck?からの利用について触れられていますが
ソースコードを参照し、URLを定義しているファイルを書き換えてコンパイルする方法が書かれています。

Windowsからの利用

Windows版のCyberDuck?は、Private Betaとして配布されています。
CyberDuckのトップページから、申し込むことができます。
※メールベースでの申し込みです。実際にもらえるまでには結構な時間がかかります。

バージョン4.07bで動作を確認しています。
その前のバージョンでは選択肢にSwiftがなく、未対応でした。

CyberDuck?でのSwift利用方法

CyberDuck?からSwiftを利用する場合の手順です。
Windows 7 + CyberDuck? 4.07bで動作を確認しています。

まずは新規接続を選びます。

cyberduck.png

サーバの情報を入力する画面になるので、プロトコルをSwiftにします。

cyberduck2.png

サーバの情報を入力します。
サーバとポートはそれぞれAuth Serverの情報を入力します。
ユーザ名は<account>:<user>の形式で入力します。
パスは空白のままにします。

cyberduck3.png

接続すると、コンテナの一覧が表示されます。
右クリックメニューから、アップロードやフォルダ作成が行えます。

cyberduck4.png

コンテナの中身はこのようになっています。
コンテナの中に、ディレクトリを作成することができて、コンテナとは違うアイコンで表示されます。

リンク


添付ファイル: filecyberduck4.png 1093件 [詳細] filecyberduck3.png 1071件 [詳細] filecyberduck2.png 1157件 [詳細] filecyberduck.png 1107件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-26 (金) 13:03:11 (2347d)