CloudStack/概要

CloudStack の構成

CloudStack はManagement Server とComputing Node の2種類から構成されます.
そのため,Management Server となるノードとComputing Node となるノードでインストールするパッケージが異なります.
以下では,それぞれのパッケージのインストール方法を説明します.
なお,ここではUbuntu Server 10.04 を用いてインストール作業を進めるとします.

Management Server

Management Serverは,システム内のリソース管理を行います. Management Serverが管理するリソースは,クラスタ環境内のComputing Node上で動作する仮想マシンとストレージ,仮想マシンに割り当てるIPアドレスなどがあります.

Computing Node

Computing Nodeは,仮想マシンを実行するノードになります. Computing Nodeは,ZoneとPodsと呼ばれるグループに分けられます, 最初の初期化作業時に1Zone,1Podをそれぞれ設定する必要があります.

Management Server の設定

Management Serverの設定方法を解説します.

iptablesの設定

iptablesの設定を行います.

$ sudo ufw allow 80
$ sudo ufw allow 8080
$ sudo ufw allow 8096
$ sudo ufw allow 8250

MySQLサーバのインストール & 設定

$ sudo aptitude install mysql-server

リポジトリの追加

CloudStack は専用のリポジトリを追加し,インストールします.
まず,CloudStack のリポジトリを追加します.
エディタで/etc/apt/sources.listを開きます.

$ sudo vi /etc/apt/sources.list

以下の行を追加します.

deb http://download.cloud.com/apt/ubuntu/stable/oss ./

追加後,リポジトリの更新を行います.

$ sudo aptitude update

cloud-client のインストール & 設定

Management Server へインストールするパッケージはcloud-client という名前で先ほど追加したリポジトリで提供されています.
正しくリポジトリが追加されていれば,apt コマンドでインストールできます.

$ sudo aptitude install cloud-client

cloud-clientをインストールした後,tomcatの停止を行います.

$ sudo service tomcat6 stop
$ sudo chkconfig tomcat6 off

データベースの設定

$ sudo cloud-setup-databases cloud:<dbpassword> kvm --deploy-as=root:<rootpassword>
  • この際,ホストネームが正しく設定されていないと動作しません.

sudoersに追加

CloudStackはユーザー cloud で動作します.
その際に,mountなどのコマンドを使用するため,sudoをパスワードなしで実行出来るようにsudoersに記述します.

$ sudo visudo

以下の行を追加

cloud ALL=(ALL) NOPASSWD: /bin/mount,/bin/umount,/bin/chmod

nfs-clientのインストール

$ sudo apt-get install nfs-client

management-serverの設定

Management Serverを設定します. cloud-setup-management コマンドを使用すると,iptableと/etc/sudoersの設定が変更されます. その後,自動的にManagement Serverのプロセスが起動します.

$ sudo cloud-setup-management

manegement-serverへアクセス

Management Serverが起動すると,ブラウザでアクセスすることができます. ブラウザでhttp://<management-server-ip-address>:8080/clientにアクセスするとログイン画面が表示されます.
デフォルトユーザはadmin
デフォルトパスワードはpassword
となっています.

login-display.png

Computing Node の設定

Management Server と同様に専用のリポジトリを追加して、パッケージをインストールします.

リポジトリの追加

まず,CloudStack のリポジトリを追加します.
エディタで/etc/apt/sources.listを開きます.

$ sudo vi /etc/apt/sources.list

以下の行を追加します.

deb http://download.cloud.com/apt/ubuntu/stable/oss ./

追加後,リポジトリの更新を行います.

$ sudo aptitude update

cloud-agent のインストール & 設定

Computing Node へインストールするパッケージはcloud-agent という名前で先ほど追加したリポジトリで提供されています.
正しくリポジトリが追加されていれば,apt コマンドでインストールできます.

$ sudo aptitude install cloud-agent

インストールが終了したら,cloud-agent の設定を行います.
cloud-agent の設定はcloud-setup-agent コマンドで行います.

$ sudo cloud-setup-agent

cloud-setup-agent コマンドでは対話式による設定を行います.

$ sudo cloud-setup-agent

Welcome to the Cloud Agent setup

example.jp
The hostname of this machine is properly set up
Checking for KVM
KVM is properly set up
Network configuration appears to be already correctly setup
We are going to restart the network now, to make the network changes take effect.  Hit ENTER when you are ready.
// Enterを押してください.
Stopping NetworkManager
network-manager: unrecognized service

Starting networking
networking stop/waiting

Verifying that the bridge is up
cloud-br0 Link encap:Ethernet  HWaddr 6c:f0:49:7e:42:09  
          inet addr:192.50.109.181  Bcast:192.50.109.191  Mask:255.255.255.192
          inet6 addr: fe80::6ef0:49ff:fe7e:4209/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:9366996 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:1065901 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0 
          RX bytes:997654646 (997.6 MB)  TX bytes:261803819 (261.8 MB)


Networking restart done
Control groups configuration appears to be already correctly setup
Control rules configuration appears to be already correctly setup
libvirt configuration appears to be already correctly setup
qemu configuration appears to be already correctly setup
qemu security configuration appears to be already correctly setup
We are going to restart the virtualization services now, to make the configuration changes take effect.  Hit ENTER when you are ready.
// Enterを押してください.

Stopping libvirt
libvirt-bin stop/waiting

Stopping control rules
Stopping CGroup Rules Engine Daemon...
* 

Stopping control groups

Stopping cgconfig service:  * 

Starting control groups
Starting cgconfig service:  * 

Starting control rules
Starting CGroup Rules Engine Daemon...

Starting libvirt
libvirt-bin start/running, process 940

Setting up firewall rules to permit traffic to Cloud services
Rules set
We are going to enable ufw now.  This may disrupt network connectivity and service availability.  See the ufw documentation for information on how to manage ufw firewall policies.
Command may disrupt existing ssh connections. Proceed with operation (y|n)?  Firewall is active and enabled on system startup

Examining agent configuration
Please enter the host name of the management server that this agent will connect to: (just hit ENTER to go with localhost)
// Management ServerのIPアドレスか名前を指定してください.

Cloud Agent setup completed successfully
Starting the Cloud Agent
 * Starting Cloud Agent cloud-agent
   ...done.

cloud-agentの設定が終わると自動的にcloud-agentが起動します.

最後にiptables の設定を行います.

$ sudo iptables -I FORWARD -i cloud-br0 -o cloud-br0 -j ACCEPT
$ sudo ufw allow proto tcp from any to any port 5900:6100

以上でComputing Node の設定は完了です.
Management ServerとComputing Nodeの設定が終わったら初期設定に移ります.


添付ファイル: filelogin-display.png 1474件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-26 (月) 10:17:09 (2702d)