Eucalyptus-Upgrade-1.6.1

Upgrading to Eucalyptus 1.6.1 from 1.5.2

Eucalyptus1.5.2から1.6.1へのアップグレード

These instructions are for those who would like to upgrade to Eucalyptus 1.6.1 from a source-based or package-based 1.5.2 installation. If you're still running 1.4, please, follow the instructions for upgrading to 1.5.2 before following these instructions. Instructions below assume that $EUCALYPTUS points to the root of the new Eucalyptus installation and $EUCA_OLD points to the root of the old installation (which can be the same as the new one).

この手順は、ソースコードもしくはパッケージからインストールしたEucalyptusを1.5.2から1.6.1へアップグレードする手順です。もしあなたの環境が1.4で動作しているのであれば、以下の手順を実施する前にEucalyptus1.4から1.5.2へのアップグレードに従ってください。以下の手順で記述されている$EUCALYPTUSは、新しいバージョンのEucalyptusインストールルートを意味し、$OLD_EUCAがアップグレード前のEucalyptusのインストールルートを意味しています。$EUCALYPTUSと$OLD_EUCAは同じディレクトリを指すことができます。

1. Stop and back up your current installation

1. 現在のEucalyptusを停止し、バックアップを行う

We highly recommend backing up your installation before performing an upgrade. The general approach to backup is outlined in the first part of the Backup section. Starting from Eucalyptus 1.6, a script called euca_upgrade can be used to perform partial backups by creating copies of the configuration file, database, and keys (it does not back up buckets and volumes because of their potentially large disk space requirements and because they are unlikely to be harmed during an upgrade).

アップグレード作業を行う前に、バックアップを行うことを強く推奨します。一般的なバックアップの方法はEucalyptusのバックアップに概要を記載しています。1.6からアップグレードを行う場合は、euca_upgradeスクリプトを実行すると、Eucalyptusの設定ファイル、データベース、鍵データのコピーを作成することで、部分的にバックアップを行います。(euca_upgradeスクリプトは、WalrusバケットやEBSボリュームのバックアップを行いません。多くの場合バケットやEBSボリュームはサイズが大きいことと、バックアップ作業にあたり影響を及ぼす可能性が低いためです)

  • If you are using our binary packages (RPMs or DEBs), euca_upgrade will be invoked automatically, creating backups in
  • EucalyptusをRPMパッケージやDEBパッケージでアップグレードした場合は、euca_upgradeスクリプトは自動的に実行され、バックアップファイルを以下のディレクトリで保存します
    • $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/db/1.5,
    • $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/keys/1.5
    • $EUCALYPTUS/etc/eucalyptus/eucalyptus.conf-1.5
  • If you are upgrading a source-based installation, you must still invoke euca_upgrade, as shown below, even if you've backed up your installation using some other method.
  • ソースコードからアップグレードした場合は、手動でeuca_upgradeスクリプトを実行してください。euca_upgradeスクリプトの実行は自分でバックアップ作業を行った場合も必要な作業です
  • Regardless of whether you choose to back up, be sure to stop all Eucalyptus processes on all machines before proceeding.
  • バックアップを行ったかどうかによらず、アップグレード作業実行前に全てのマシンでEucalyptusサービスが停止していることを確認してください

2. Install Eucalyptus 1.6

2. Eucalyptus 1.6のインストール

  • If upgrading using binary packages, follow the steps in the installation instruction for a specific distribution:
  • バイナリパッケージでアップグレード作業を行う場合は、ディストリビューションによって手順が異なります。以下のそれぞれのリンクを参照しインストールを行ってください

and, afterwards, return here.
インストール後以下の手順を行います

  • If upgrading a source-based installation, follow the steps in the Source Code Installation section of the Administrator's Guide and, afterwards, return here. To upgrade the front-end, run
  • ソースコードからインストールを行う場合は、ソースからのインストール [version 1.6]を参照してインストールを実行します。その後、フロントエンドでアップグレードを実行するには以下の手順を実行します
    $EUCALYPTUS/usr/share/eucalyptus/euca_upgrade --new $EUCALYPTUS --old $OLD_EUCA

and to upgrade the nodes run
ノードでは以下の手順でアップグレードを実行します

$EUCALYPTUS/usr/share/eucalyptus/euca_upgrade --new $EUCALYPTUS --old $OLD_EUCA --conf

3. Restart Eucalyptus and verify the upgrade

3. Eucalyptusサービスを再起動し、アップグレードを確認します

  • Start the services on the appropriate machines (after a DEB-based install they should already be running):
  • 各マシンでサービスを再起動します(DEBパッケージでインストールした場合は自動的にサービスが起動しています)
    $EUCALYPTUS/etc/init.d/eucalyptus-nc start
    $EUCALYPTUS/etc/init.d/eucalyptus-cc start
    $EUCALYPTUS/etc/init.d/eucalyptus-cloud start
  • In a Web browser, load https://front-end:8443/ and log in as before. Verify that the user accounts and the images are there.
  • Webブラウザから https://front-end:8443/ を開きログインします。ユーザアカウントとイメージ(eki, eri, emi)がリストアップされていることを確認します
  • Important: Verify that the Buckets Path and Volumes Path settings under the Configuration tab of the Web interface matches the actual locations of the buckets and volumes before running any instances or using buckets.
  • 【重要】インスタンスを起動したりEBSボリュームを使用する前に、必ず"Configuration"タブを開き、Walrusバケットと、EBSボリュームのパスが適切な場所を指していることを確認してください。
  • Verify that the nodes are back up and that they can run your old instances (if not, see the Troubleshooting section.)
  • ノードのサービスを再開し、アップグレード作業前に実行したことのあるインスタンスが実行できることを確認してください(もし実行できない場合はトラブルシューティグを参照してください)
    euca-describe-availability-zones verbose

4. Optionally: Roll back to an earlier installation

4. オプション:以前のバージョンに戻す

  • Follow the steps in the second part of the Backup section, called "Restoration". If you are relying on the backup created by euca_upgrade during a package-based upgrade, then after re-installing the old packages, copy back the saved state as follows:
  • バックアップの2章目、「復元」に記述された手順に従ってください。euca_upgradeスクリプトを実行したり、パッケージでインストールしたことによるバックアップファイルがある場合は、元のバージョンのEuclyptusを再インストールした後、以下のように書き戻します。
    cp -a $EUCALYPTUS/etc/eucalyptus.conf-1.5 $OLD_EUCA/etc/eucalyptus.conf
    cp -a $ECUALYPTUS/var/lib/eucalyptus/db/1.5/* $OLD_EUCA/var/lib/eucalyptus/db
    cp -a $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/keys/1.5/* $OLD_EUCA/var/lib/eucalyptus/keys

Start Eucalyptus, as before
書き戻した後に、各マシンでサービスを再開します。

戻る:Eucalyptus1.6.1から1.6.2へのアップグレード

進む:Eucalyptusの設定


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-02 (日) 17:07:31 (3397d)