EucalyptusInstallationUbuntuJaunty_v1.6

Installing Eucalyptus (1.6.1) on Ubuntu Jaunty (9.04)

Ubuntu Jaunty (9.04)にEucalyptus(1.6.1)をインストールする

Eucalyptus 1.6.1 (no longer the most current stable release) can be installed on Ubuntu Jaunty using binary DEB packages. (Ubuntu Lucid users can install the latest release from the standard Ubuntu supported repository, or users of any Ubuntu release from Jaunty and later can always install Eucalyptus from source.)

Eucalyptus 1.6.1(既に最新の安定版ではありません) を Ubuntu Jaunty にインストールするには、バイナリの DEB パッケージを用います。(Ubuntu LucidユーザはUbuntuがサポートする標準のリポジトリから最新版をインストールすることができます。またJanuty以降のUbuntuリリースにはソースコードでEucalyptusをインストールすることが可能です)

Download DEBs

DEBパッケージをダウンロードする

Eucalyptus binary installation is broken up into several packages: one for each of the components (CLC, Walrus, CC, etc.), as well as a couple of common packages. To install them, along with a significant number of dependencies, add our repository to the list of repositories for your system to use. To do so, add somewhere in /etc/apt/sources.list file the following line:
Eucalyptusバイナリインストールは共通のパッケージの他に、いくつかの個別パッケージ(CLC,Walrus,CCなど)のインストールに分けられます。インストールのためには、Eucalyptusコンポーネントおよび依存するパッケージを正しく解決するために、Eucalyptusチームが提供するリポジトリを使用してください。リポジトリの追加には、/etc/apt/sources.listに以下の内容を追加します。

deb http://www.eucalyptussoftware.com/downloads/repo/eucalyptus/1.6.1/ubuntu jaunty universe

And run:
上記内容を追加した後に、以下のコマンドを実行します

apt-get update

After installation you may remove the entry from sources.list if you don't want to update Eucalyptus packages automatically.
Eucalyptusの自動アップデートを行わない場合は、/etc/apt/sources.listに加えた変更はインストール後に削除します

Prerequisites

前提条件

If you start with a standard Ubuntu Jaunty installation, you will satisfy all prerequisites with the following steps:
Ubuntu Jaunty の標準的なインストールを行った後は、Eucalyptus の動作条件を満たすために、次の作業を行います。

  • Front-end, node and client machine system clocks are syncronized (i.e., using NTP).
  • フロントエンド、ノード、およびクライアントの各マシンの間で時刻を同期します(例えばNTPを使用します)
    ntpdate-debian -s
    apt-get install openntpd
  • Firewall rules must permit the Eucalyptus components to communicate with one another, and clients to communicate with Eucalyptus.
  • FirewallはEucalyptusの各コンポーネントがお互いに通信できるよう設定する必要があります。またクライアントがEucalyptus(訳注:フロントエンド)と通信できるように設定する必要があります。
    • NOTE: on the front-end, ports 8443, 8773, 8774 and 9001 must be open. On the node, port 8775 must be open
    • 注意:フロントエンドではポート8443, 8773, 8774, 9001番を開ける必要があります。ノードではポート8775番を開ける必要があります。
  • If running in SYSTEM networking mode, which is the default, your node machine(s) must be configured with a bridge as the primary interface. You must first uninstall or disable Network Manager (default with Ubuntu Desktop), then follow the procedure below (example):
  • SYSTEMネットワークモードで動作させる(この動作がデフォルトです)場合には、各ノードのプライマリインターフェイスをブリッジモードで動作させる必要があります。まずNetworkManager?(Ubuntu Desktopではデフォルトでインストールされます)をアンインストールするか無効にし、その後以下のような操作を行います(一例です)
    sudo apt-get install bridge-utils
    sudo vi /etc/network/interfaces
    Comment out any entry for your existing interfaces (eth0, eth1, etc) and add a bridge entry with your interfaces attached. For example, to have your bridge come up with all physical Ethernet devices added to it, and have DHCP assign an address to the bridge:
    マシン上にある全ての物理インターフェイス(例えばeth0, eth1など)設定をコメントアウトし、ブリッジの設定を追加します。例えば、マシン上にブリッジインターフェイスを起動し、全ての物理インターフェイスをそのブリッジインターフェイスにアタッチし、ブリッジインターフェイスにDHCPでIPアドレスを割り当てる設定は以下のようになります。
    auto br0
    iface br0 inet dhcp
         bridge_ports all
    For a static configuration with just eth0 attached (substitute your actual network parameters):
    1つのブリッジインターフェイスに物理インターフェイス eth0 しかアタッチしない場合は以下のように設定します
    auto br0
    iface br0 inet static
         address 192.168.12.20
         netmask 255.255.255.0
         network 192.168.12.0
         broadcast 192.168.12.255
         gateway 192.168.12.1
         dns-nameservers 192.168.12.1
         dns-search foobar foobar.com
         bridge_ports eth0
    Finally, restart the network by either by restarting the network with '/etc/init.d/network restart' or by rebooting the machine.
    最後に、'/etc/init.d/network restart'コマンドでネットワークを再起動するか、マシンを再起動します

Install DEBs on the front end

フロントエンドへのDEBパッケージのインストール

On front end, where cloud controller and cluster controller will run, install the -cloud and -cc DEBs:
フロントエンド、つまりクラウド・コントローラ(CLC)とクラスタ・コントローラ(CC)が動作するマシンには以下のようにインストールします。

aptitude install eucalyptus-cc eucalyptus-cloud eucalyptus-common eucalyptus-walrus eucalyptus-sc

Install DEBs on the nodes

ノードへのDEBパッケージのインストール

On the compute nodes, install the node controller DEB:
各ノードへは、以下のようにノード・コントローラのDEBパッケージをインストールします。

aptitude install eucalyptus-nc eucalyptus-common

(You may safely ignore the error adduser: The group 'libvirt' does not exist.)
("グループ'libvirtd'が存在しない" というエラーは無視して構いません)

戻る:Debian "squeeze"にEucalyptus(1.6)をインストールする

進む:Eucalyptus1.6.1から1.6.2へのアップグレード


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-29 (月) 00:30:20 (3464d)