backup-eucalyptus-16

Backup of Eucalyptus (1.6)

Eucalyptusのバックアップ(1.6)

Backing up and restoring a Eucalyptus installation involves saving and restoring the contents of five file-system locations. Three are on the CLC machine:
Eucalyptus実行環境のバックアップ、復元には5カ所の要素が関連します。CLC(クラウド・コントローラ)には以下の3カ所が含まれます。

  • The configuration file ($EUCALYPTUS/etc/eucalyptus.conf)
  • 設定ファイル ($EUCALYPTUS/etc/eucalyptus.conf)
  • The database files ($EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/db)
  • データベースファイル ($EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/db)
  • The cryptographic keys ($EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/keys)
  • 暗号化に使用するキー ($EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/keys)

One on the Walrus machine (which is the same as CLC machine in a single-cluster installation):
Walrusでは以下の1カ所が含まれます。(シングルクラスタ構成では、CLCと同じマシンに含まれます)

  • The Walrus buckets ("Buckets path" in Web configuration, by default $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/bukkits)
  • Walrusのバケット (Web管理画面内の"Buckets path"以下が該当のファイルです。デフォルトは $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/bukkits です。)

And one on each of the cluster head nodes (again, same as the CLC machine in a single-cluster installation):
個々のクラスタヘッドノードには以下が含まれます(シングルクラスタ構成では、CLCと同じマシンに含まれます)

  • The SC volumes ("Volumes path" in Web configuration, by default $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/volumes)
  • ストレージ・コントローラ(SC)のボリューム(Web管理画面内の"Volumes path"以下が該当のファイルです。デフォルトは $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/volumes です。)

If the files at these locations are backed up, a Eucalyptus installation can be fully restored after a crash or a failed upgrade. What follows is a step-by-step guide to backup and restoration.
上記5カ所のデータをバックアップしておけば、マシンのハードウェア障害やアップグレード時の問題に対して、Eucalyptus環境は完全に復元可能です。以下の手順はバックアップと復元手順になります。

Part I: Backup

パート1:バックアップ

1. Clean up Eucalyptus running state

1. Eucalyptusを停止する

  • Note the value of the "Buckets path" and "Volumes path" for each cluster, listed under the "Configuration" tab of the Web interface. (That is where all uploaded images, user buckets, user volumes, and snapshots are located.)
    Web管理画面内の"Configuration"タブに表示されている、それぞれのクラスタの"Buckets path"、"Volumes path"をメモします。(これらの場所にはアップロードされたマシンイメージ、ユーザが作成したバケットやボリューム、スナップショットが含まれています)
  • Terminate all Eucalyptus instances on all nodes
    以下のコマンドで全てのEucalyptusインスタンスを停止します。
    euca-terminate-instances ...      # (管理者権限で実行)
  • Shut down all Eucalyptus components on all nodes, issuing the commands relevant for a node:
    全てのEucalyptusサービスを停止します
    $EUCALYPTUS/etc/init.d/eucalyptus-nc stop (個々のノードで実行)
    $EUCALYPTUS/etc/init.d/eucalyptus-cc stop (個々のクラスタ・コントローラで実行)
    $EUCALYPTUS/etc/init.d/eucalyptus-cloud stop (クラウド・コントローラで実行)
  • Check for errant Eucalyptus processes on all nodes and kill them
    Eucalyptusプロセスが残っていないことを確認し、残っていた場合にはkillコマンドで強制終了します。
    ps aux | grep euca
    kill -9 <プロセス番号>

2. Back up the current installation

2. Eucalyptusデータをバックアップする

  • Calculate the disk space required to store the files about to be backed up (this is most relevant for buckets and volumes, which can be large). E.g., on a single-cluster installation with default Buckets and Volumes paths:
    バックアップ領域としてどれくらいのディスク容量が必要かを見積もります(この容量は大体バケットとEBSボリュームのサイズに依存します)。例えばシングルクラスタ構成の場合はバケットとEBSボリュームの保存されているディレクトリ(デフォルトでは$EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/)以下で、以下のようなコマンドを実行します。
    du -sh $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/
  • Create a directory for storing these ($BACKUP) on a volume with enough disk space
    上記で見積もりした容量以上の空き容量がある、バックアップ先のディレクトリを作成します($BACKUP)
    export BACKUP=/path/to/backup/directory
    mkdir -p $BACKUP
  • Mirror the five locations, taking care to preserve the permissions on all files. E.g., on a single-cluster installation with default Buckets and Volumes paths:
    以下の5カ所の全てのファイルを、権限情報を保持したままコピーします。例えばシングルクラスタ環境では以下のように行います。
    cp -a $EUCALYPTUS/etc/eucalyptus/eucalyptus.conf \
    $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/keys \
    $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/db \
    $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/bukkits \
    $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/volumes \
    $BACKUP
    or, alternatively, with tar:
    cpコマンドの代わりにtarコマンドを使ってもよいでしょう。以下のようにします。
    tar cvf $BACKUP/eucalyptus-backup.tar \
    $EUCALYPTUS/etc/eucalyptus/eucalyptus.conf \
    $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/keys \
    $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/db \
    $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/bukkits \
    $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus/volumes
    In either case, be careful if any of the above are symbolic links as they may be copied instead of the directories they point to. Check that the backup indeed contains files from the original locations.
    どちらの場合でも、指定するディレクトリがシンボリックリンクではなく実体のディレクトリを指しているかどうかを確認してください(訳注:cpでもtarでも、シンボリックリンクを指定するとシンボリックリンクそのものがコピーされ、リンク先のデータはバックアップされません)。バックアップが実際にデータを保存していることを確認してください。

(訳注:tar でアーカイブ内のデータを確認するには以下のようなコマンドを実行します)

tar tvf $BACKUP/eucalyptus-backup.tar

Part II: Restoration

パート2:復元

1. Clean up Eucalyptus running state

1. Eucalyptusを停止する

Same as in the Backup step, make sure no Eucalyptus components are running on any of the nodes
バックアップ手順と同様に、全てのマシンで動作しているEucalyprusサービスを停止します

2. Optionally update/downgrade Eucalyptus-related binary packages

2. Eucalyptusコンポーネントのアップグレード/ダウングレードを実施

If you are trying to recover from a broken upgrade by rolling back or by trying the upgrade again, this would be the right time to
アップグレードが失敗したので以前のバージョンにロールバックする場合、またはアップグレード作業をやり直す場合はこのタイミングで実行します。

  • remove all software components related to Eucalyptus (e.g., rpm -e or apt-get remove) and
    rpm -eコマンドもしくはapt-get removeコマンドを使用して、Eucalyptusに関連するコンポーネントを削除します
  • install the appropriate version by following the instructions in the Installation section.
    Eucalyptus (ユーカリプタス) のインストール [version 1.6]を参照して、適切なバージョンをインストールします。

Warning: DEBs will restart the services: be sure you stop them again before copying back the backed-up files.
注意:DEBパッケージのインストールが行われるたびに、各サービスが自動的に起動します。バックアップファイルを復元する前にサービスを必ず停止するようにしてください。

3. Replace the saved state

3. 保存した状態に戻す

  • Depending on how you backed up, copy the files back either with cp:
    復元方法はどのようにバックアップを作成したかによって変わります。cpコマンドを使ってバックアップした場合の復元方法は以下のようになります。
    cp -a $BACKUP/eucalyptus.conf $EUCALYPTUS/etc/eucalyptus
    cp -a $BACKUP/keys $BACKUP/db $BACKUP/bukkits $BACKUP/volumes $EUCALYPTUS/var/lib/eucalyptus
    or with tar:
    tarコマンドを使用してバックアップした場合の復元方法は以下のようになります。
    cd $EUCALYPTUS
    tar xvf $BACKUP/eucalyptus-backup.tar

戻る:ハイパーバイザの設定

進む:ネットワークの設定


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-11 (日) 15:04:06 (3505d)