EucalyptusInstallationCentos_v1.6

Installing Eucalyptus (1.6) on CentOS 5

CentOS 5にEucalyptus(1.6)をインストールする

Eucalyptus can be installed on CentOS 5 from source or by using binary RPM packages. This document details the steps required to install Eucalyptus from RPMs. In what follows, the value of $VERSION must be substituted accordingly (e.g., as 1.6.1, 1.6.2, etc.) for example we can set the value of 1.6.2 using bash:

Eucalyptus を CentOS 5 にインストールするには、ソースから行う方法と、バイナリの RPM パッケージを用いる方法があります。ここではRPMパッケージでインストールする手順について記述しています。以下の手順の中で記述されている$VERSIONはインストールするバージョンに置き換えてください。例えばbashの環境変数としてセットする場合には以下のようにします。

export VERSION=1.6.2

Notice: Before you begin, please ensure that you have an up-to-date CentOS installation on your target machine(s). In particular, CentOS 5.4, which was recentely released, carries libvirt 0.6.3 which is required to run Eucalyptus.

注意:以下の手順を行う前に、CentOSを最新の状態にアップデートしてください。特にCentOS5.4では、libvert 0.6.3以降が必要です。

Prerequisites

前提条件

If you start with a standard CentOS installation, you will satisfy all prerequisites with the following steps:

CentOS の標準的なインストールを行った後は、Eucalyptus の動作条件を満たすために、次の作業を行います。

  • Front-end, node and client machine system clocks are synchronized (e.g., using NTP).
  • フロントエンド、ノード、およびクライアントの各マシンの間で(NTPなどで)時刻を同期します
    yum install -y ntp
    ntpdate pool.ntp.org
  • Front end needs java, command to manipulate a bridge and the binaries for dhcp server (do not configure it nor run it on the CC):
  • フロントエンドではjava、ブリッジ制御のためのコマンド、DHCPサーバのバイナリが必要です。(CC上ではDHCPサーバをインストール、実行しないようにしてください)
    yum install -y java-1.6.0-openjdk ant ant-nodeps dhcp bridge-utils httpd
  • Node has a fully installed and configured installation of Xen that allows controlling the hypervisor via HTTP from localhost.
  • ノードではXenがインストールされ、localhostからのHTTP制御に対応できるよう設定されていることが必要です
    yum install -y xen
    sed --in-place 's/#(xend-http-server no)/(xend-http-server yes)/' /etc/xen/xend-config.sxp 
    sed --in-place 's/#(xend-address localhost)/(xend-address localhost)/' /etc/xen/xend-config.sxp
    /etc/init.d/xend restart
  • Firewall rules must permit the Eucalyptus components to communicate with one another, and clients to communicate with Eucalyptus. On the front-end, ports 8443, 8773, 8774 and 9001 must be open; on the node, port 8775 must be open. If you are planning on using Elastic IPs and/or Security Groups, you may want to consider disabling the firewall and use Eucalyptus facilities for enabling custom firewall rules (see Network configuration for more information). On both the front-end and the nodes:
  • FirewallはEucalyptusの各コンポーネントがお互いに通信できるよう設定する必要があります。またクライアントがEucalyptus(訳注:フロントエンド)と通信できるように設定する必要があります。フロントエンドではポート8443, 8773, 8774, 9001番を開ける必要があります。ノードではポート8775番を開ける必要があります。Elastic IP、セキュリティグループを使う場合には、フロントエンド、ノードの双方でファイアーウォールは無効にするのがよいでしょう。この場合Eucalyptusが自動的にファイアーウォール設定を行います(詳細はネットワーク設定を参照してください)。
    • For example, from a text console:
    • テキスト端末での設定例
      • run system-config-securitylevel
      • system-config-securitylevel コマンドを実行
      • select Security Level: Disabled
      • Security Level: Disabled を選択
      • select OK
      • OK を選択
    • From an X terminal:
    • X端末の場合の設定例
      • run system-config-security-level
      • system-config-securitylevel コマンドを実行
      • select 'Disabled' for 'Firewall'
      • Firewall を "無効"にセット
      • select the 'SELinux' tab
      • SELinuxタブを選択
      • select either 'Permissive' or 'Disabled' for SELinux Setting
      • Permissive もしくは 無効 にセット

Download and Install RPMs

RPMのダウンロードとインストール

Eucalyptus binary installation is broken up into several packages: one for each of the components (CLC, Walrus, CC, etc.), as well as a couple of common packages. There are two options for obtaining the packages:

Eucalyptusバイナリインストールは共通のパッケージの他に、いくつかの個別パッケージ(CLC,Walrus,CCなど)のインストールに分けられます。パッケージのダウンロード方法は以下の2つがあります。

  • Yum option: Packages are available from our yum repository. To use it, create '/etc/yum.repos.d/euca.repo' file with the following four lines:
  • Yumを使用したインストール:Eucalyptusチームのyumリポジトリからパッケージをインストールすることができます。以下のような内容の/etc/yum.repos.d/euca.repoファイルを作成します。
    [euca]
    name=Eucalyptus
    baseurl=http://www.eucalyptussoftware.com/downloads/repo/eucalyptus/$VERSION/yum/centos/
    enabled=1
    where $VERSION is either 1.6.1 or 1.6.2. Now install eucalyptus on the front-end,
    $VERSIONは1.6.1もしくは1.6.2が入ります。フロントエンドでは以下のコマンドでインストールします。
    yum install eucalyptus-cloud.$ARCH eucalyptus-cc.$ARCH eucalyptus-walrus.$ARCH eucalyptus-sc.$ARCH --nogpgcheck
    or the node
    ノードでは以下のようにインストールします。
    yum install eucalyptus-nc.$ARCH --nogpgcheck
    where $ARCH is the architecture of your host (either 'i386' or 'x86_64').
    $ARCHには使用するマシンタイプ('i386'もしくは'x86_64')が入ります。
  • Tarball option: The packages are available in a single tarball, wherein we also include copies of third-party CentOS packages that Eucalyptus depends on (Rampart, Axis2C, many Java libraries), at http://open.eucalyptus.com/downloads (look for a CentOS tarball of the right Eucalyptus version and architecture). Untar the bundle in a temporary location:
  • Tarballを使用したインストール:Eucalyptusの動作に必要なサードパーティ製のパッケージ(Rampart, Axis2C, 様々なJavaライブラリ)を含むパッケージを1つのtarballからインストールすることができます。http://open.eucalyptus.com/downloads からダウンロードすることができます。(CentOS用の正確なパッケージをダウンロードするようにしてください) 適当な作業ディレクトリで、以下のようにtarballを展開してください。
    tar zxvf eucalyptus-$VERSION-*.tar.gz
    cd eucalyptus-$VERSION-*
    In the examples below we use x86_64, which should be replaced with i386 or i586 on 32-bit architectures. Install the third-party dependency RPMs on the front end:
    以下の例ではマシンタイプx86_64のパッケージをインストールしていますが、お使いのマシンタイプが32ビットアーキテクチャの場合はi386、もしくはi586に置き換えてください。フロントエンドにEucalyptusの動作に必要なサードパーティ製のパッケージをインストールするには以下のようにします。
    cd eucalyptus-$VERSION*-rpm-deps-x86_64
    
    rpm -Uvh aoetools-21-1.el4.x86_64.rpm \
            euca-axis2c-1.6.0-1.x86_64.rpm \
            euca-rampartc-1.3.0-1.x86_64.rpm \
            vblade-14-1mdv2008.1.x86_64.rpm \
            groovy-1.6.5-1.noarch.rpm \
            vtun-3.0.2-1.el5.rf.x86_64.rpm \
            lzo2-2.02-3.el5.rf.x86_64.rpm
    cd ..
    Install the -cloud, -walrus, -cc and -sc RPMs on the front end:
    フロントエンドへのEucalyptusコンポーネント(CLC(-cloud), Walrus, CC, SC)のRPMパッケージをインストールするには以下のようにします。
    rpm -Uvh eucalyptus-$VERSION-*.x86_64.rpm \
            eucalyptus-common-java-$VERSION-*.x86_64.rpm \
            eucalyptus-cloud-$VERSION-*.x86_64.rpm \
            eucalyptus-walrus-$VERSION-*.x86_64.rpm \
            eucalyptus-sc-$VERSION-*.x86_64.rpm \
            eucalyptus-cc-$VERSION-*.x86_64.rpm \
            eucalyptus-gl-$VERSION-*.x86_64.rpm
    Install the dependency packages on each compute node:
    ノードにEucalyptusの動作に必要なサードパーティ製のパッケージをインストールするには以下のようにします。
    cd eucalyptus-$VERSION*-rpm-deps-x86_64
    rpm -Uvh aoetools-21-1.el4.x86_64.rpm \
            euca-axis2c-1.6.0-1.x86_64.rpm \
            euca-rampartc-1.3.0-1.x86_64.rpm
    cd ..
    Install the node controller RPM with dependencies on each compute node:
    ノードにEucalyptusコンポーネント(NC)のRPMパッケージをインストールするには以下のようにします。
    rpm -Uvh eucalyptus-$VERSION-*.x86_64.rpm \
            eucalyptus-gl-$VERSION-*.x86_64.rpm \
            eucalyptus-nc-$VERSION-*.x86_64.rpm

Post-Install Steps

インストール後の作業

The last step in the installation is to make sure that the user 'eucalyptus', which is created at RPM installation time, is configured to interact with the hypervisor through libvirt on all of your compute nodes. The easiest way to check this is to run the following command on each node:

RPMでのインストール後には'eucalyptus'ユーザアカウントができていますので確認してください。また'eucalyptus'ユーザアカウントは各ノードにおいてlibvirt経由でハイパーバイザを制御できるように設定されています。確認するためには以下のコマンドを各ノードで実行しているのが簡単です。

su eucalyptus -c "virsh list"

The output of that command may include error messages (failed to connect to xend), but as long as it includes a listing of all domains (at least Domain-0), the configuration is in order.

上記のコマンドの出力にはエラー(failed to connect to xend)が含まれているかもしれませんが、出力の中にそのノード上で動作しているドメイン(Domein-0を含む)の情報が含まれていれば、'eucalyptus'ユーザアカウントのlibvirt経由でのハイパーバイザ制御は設定できていると考えてよいでしょう。

Now start up your Eucalyptus services. On the front-end:
ではフロントエンドでEucalyptusを起動します。

/etc/init.d/eucalyptus-cloud start
/etc/init.d/eucalyptus-cc start

On the node:
ノードでは以下のように起動します

/etc/init.d/eucalyptus-nc start

At this point you should be ready to go through the first-time configuration.

ここまでできたら、初回設定に進みます。

戻る:ディストリビューション別のパッケージからのインストール (1.6)

進む:OpenSUSE 11でのEucalyptusのインストール


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-28 (日) 21:43:26 (3464d)