Eucalyptus (OSS Elastic Computing) 日本語情報

Eucalyptus 1.5.2 の機能(Features)

Eucalyptus 1.5.2 は、いくつかの新機能の取り込みと改善が行われました。以下にバージョン 1.4 との大きな違いを記します。

  • Elastic Block Store (EBS) 互換のストレージサービス
  • Walrus の改良
    • ACLS グループのサポート
    • メタデータと key 名の取り扱いの修正
    • ブラウザ上のフォームで、HTTP POST を経由してのアップロード
    • オブジェクトのコピー
    • Query string authentication
    • 圧縮イメージのダウンロードと、イメージのキャッシュ手法改善
    • 動作時に必要となるメモリ容量の低減
  • ネットワーク面の改良
    • 新しく MANAGED-NOVLAN モードを追加
  • ノード側の改良点
    • KVM ハイパーバイザーが利用可能に
    • イメージのダウンロードを圧縮し、失敗時の処理改善
    • Reworked cacing ( now with configurable limit )
  • ウェブ UI (ユーザ・インターフェース)の改良点
    • RightScale 経由でのクラウド登録 ( admin での 'Credentials' タブ より)
    • Walrus の新しい設定変更オプション
    • ユーザ名のより良いスクリーニング
    • アカウント設定時における誤動作の修正
  • 構築・インストール面での改良
    • Java インストール時のチェックを改良
    • 新しいコマンドラインでの管理方法。例:euca_conf -addcluster … -add_node
    • root 以外のユーザによる Eucalyptus 実行権限
    • その他のディストリビューション向けのバイナリパッケージ:Ubuntu・Debian・openSUSE・CentOS

その他の詳細については、1.5.2 Chhangelogをご覧下さい。 http://open.eucalyptus.com/wiki/ChangeLog_v1.5.2

Eucalyptus がサポートしている Amazon の機能対応表はこちらです。 http://open.eucalyptus.com/wiki/API_v1.5


原文:http://open.eucalyptus.com/wiki/EucalyptusFeatures_v1.5.2


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-05 (土) 16:26:59 (2794d)