EucalyptusUserGuide_v1.5.2


Block Storage(ブロック・ストレージ)を使う

Eucalyptus の Block Storage サービスは Amazon の Elastic Block Store とインターフェース上の互換性があります。そのため、EC2 コマンドだけではなく、euca2tools コマンドを使って制御することもできます。

以下の説明では、Eucalyptus チームが配布している euca2ools というコマンドライン・ツールを用います。インストールがまだであれば、これから作業をしてください。

作業は次のように行ってください。

1. ボリュームの作成

ボリュームはゼロから作成することも、既存のスナップショットから作成することもできます。

euca-create-volume --size <size> --zone <zone>

size> には何GB のサイズかを指定し、<zone> は、どの availability zone でボリュームを作成したいのか指定します(euca-describe-availability-zones を使うことによって、ゾーンを確認できます)。

例えば、

euca-create-volume --size 1 --zone myzone

上記は、1GB のボリュームが、availability zone "myzone" に作成されます。

スナップショットからボリュームを作成するときは、次のようにします。

euca-create-volume --snapshot <snapshot id> --zone <zone>

snapshot id> には、スナップショットごとのユニークな ID で、<zone> は、どの availability zone でボリュームを作成したいか指定します。

例えば、

euca-create-volume --snapshot snap-EF4323 --zone myzone

上記は、スナップショット "snap-EF4323" をもとに、zone "myzone" にボリュームが作成されます。

2. ボリュームの状態の確認

euca-describe-volumes

"available" にマークされているボリュームは、使用することができます。

3. ボリュームの追加(attach)

ボリュームは、既存のインスタンスに追加することができます(インスタンスの状態は euca-run-instances で確認できます)。インスタンスは、1度に1つのボリュームを追加(attach)することができます。

euca-attach-volume -i <インスタンスid> -d <ローカルデバイス名> <ボリュームid>

ボリュームid> にはボリュームに割り当てられるユニークな ID (vol-XXXX)を、<インスタンスid> にはインスタンスごとに割り当てられるユニークな ID を、そして、<ローカルデバイス名> にはゲスト仮想マシン上で使用したいローカルデバイス名を指定してください。

例えば、

euca-attach-volume -i i-345678 -d /dev/sdb vol-FG6578 

上記は、追加されていないボリューム "vol-FG6578" を、インスタンス "i-345678" にローカルデバイス名 "/dev/sdb" として追加する場合です。

4. ボリュームの取り外し(detach)

euca-detach-volume <ボリュームid>

ボリュームid>の部分には、既に追加されているボリュームの id(vol-XXXX)を指定します。

例えば、

euca-detach-volume vol-FG6578

上記は、ボリューム "vol-FG6578" を取り外しています。

重要! インスタンスの利用者は、block device を取り外すときには、確実にデバイスをアンマウントしておく責任があります。ユーザが使用中のボリュームを取り外す場合は、データの一貫性を保証することはできません。

5. ボリュームの削除(deleting)

euca-delete-volume <ボリュームid>

ボリュームid>の部分には、削除したいボリュームの id (vol-XXXX) を指定してください。

6. ボリュームからスナップショットを作成

ボリュームのスナップショットを作成しておけば、いずれスナップショットからボリュームを作成することができます。

euca-create-snapshot <ボリュームid>

ボリュームid>の部分には、スナップショットをとりたいボリュームの id (vol-XXXX) を指定してください。

例えば、

euca-create-snapshot vol-GH4342

上記は、ボリューム "vol-GH4342" のスナップショットを作成します。

作成されたボリュームは、"available"(利用可能) か "in-use"(使用中) である必要があります。"creating"(作成中)の状態の場合は、ボリュームのスナップショットを作成できません。

7. スナップショットの状態を確認

 euca-describe-snapshots スナップショットを作成したボリュームは、"completed" にマークが付いています。

8. スナップショットの削除

euca-delete-snapshot <スナップショットid>

スナップショットid>の場所には、スナップショットごとの id を指定してください。


原文:http://open.eucalyptus.com/wiki/EucalyptusBlockStoreInteracting_v1.5.2


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-22 (火) 01:06:13 (3318d)