EucalyptusAdvanced_v1.6

Advanced Eucalyptus Setup

より複雑なEucalyptusセットアップ(1.6)

http://open.eucalyptus.com/themes/eucalyptus/images//architecture-1.6.png

A Eucalyptus setup consists of a number of web services components -- The Cloud Controller (CLC), Walrus, Storage Controller (SC), Cluster Controller (CC) and the Node Controller (NC). In a single cluster setup, all front end web services (all services except the NCs) run on a single physical host. In a more advanced configuration, you can choose to run the CLC, Walrus, SC and CC on a separate physical machines, or you can combine them as you see fit. For example, one reason to separate Eucalyptus components is to improve the overall performance of the system by distributing different types of work (i.e. place Walrus on a machine that has a fast disk subsystem, while the CLC can be placed on another machine with a fast CPU).
Eucalyptusは以下の5つのコンポーネントから構成されています。クラウド・コントローラ(CLC)、Walrus、ストレージ・コントローラ(SC)、クラスタ・コントローラ(CC)、ノード・コントローラ(NC)の5つです。シングルクラスタ構成では、全てのフロントエンドサービス(NC以外の全てのサービス)は1台の物理マシン上で動作します。より複雑な構成では、CLC、Walrus、SC、CCをそれぞれ異なる物理マシンで動作させたり、いくつかのコンポーネントは同一の物理マシンにまとめて動作させたりすることができます。例えばEucalyptusクラウド全体のパフォーマンスを向上させるために、個々のコンポーネントを別の物理マシンで動作させることが考えられます。(例えばWalrusを動作させるマシンにはより高速なディスクを使用したり、より高速なCPUを持つマシンでCLCを動作させたりすることなど)

In addition, in a multi-cluster setup, you may configure more than one cluster with Eucalyptus, either for performance or management purposes. This guide briefly describe multi-component and multi-cluster setups. In a multi-cluster installation, there must be a single Cloud Controller, a single Walrus, one Cluster Controller and Storage Controller pair per cluster, and one or more Node Controllers grouped within each cluster, as illustrated in the adjacent figure.
シングルクラスタ構成に加えて、マルチクラスタ構成では、パフォーマンスの向上や管理のために1つ以上のクラスタを構成することができます。この文書ではマルチ・コンポーネント構成とマルチクラスタ構成について簡単に記述します。マルチクラスタの導入のためには、1つのクラウド・コントローラ、1つのWalrus、また個々のクラスタの中には、1つのクラスタ・コントローラと1つのストレージ・コントローラ、また1台以上のノード・コントローラが必要です。上の図を参照してください。

We assume that you familiar and comfortable with single cluster Eucalyptus installation, configuration, management and usage before proceeding to more advanced configurations. We also assume that you are able to install individual Eucalyptus components on the distribution and architecture of your choice. Please refer to the previous installation sections of the Administrator's Guide for information regarding distribution specific installation methods, package names, dependencies, etc.
以下の文章の前提として、あなたは既にシングルクラスタ構成の構築、設定、管理、使用方法について慣れていることを想定しています。また個々のコンポーネントのインストール方法について知識を持っていることを想定しています。個々のコンポーネントの名前やインストール方法、依存するパッケージなどの情報についてはについては管理者ガイドの「Eucalyptusのインストール」を参照してください。

Multi-component and Multi-cluster Setup

マルチコンポーネント、マルチクラスタのセットアップ

A Eucalyptus installation consists of five components: A Cloud Controller (CLC), Walrus, one or more Cluster Controller (CC) and Storage Controller (SC) pairs, and one or more Node Controllers (NC). Once you have the components installed on your physical hosts, using the topology of your choice, you're ready to enable the services and stitch together your Eucalyptus cloud by 'registering' the components with one another.
Eucalyptusのインストールは以下の5つのコンポーネントから構成されています。クラウド全体で1つのクラウド・コントローラ、1つのWalrusが必要です。また個々のクラスタの中には、1つのクラスタ・コントローラと1つのストレージ・コントローラ、また1台以上のノード・コントローラが必要です。それぞれのコンポーネントをインストールしたら、それぞれのコンポーネントを登録することで、個々のコンポーネントを連携します。

Enabling services

サービスを起動する

If you installed Eucalyptus from source and rsynced the build to your physical hosts, you will need to explicitly enable or disable the services that you wish to run (all are disabled by default). This can be done by running
Eucalyptusをソースコードをコンパイルしてインストールし、ホスト間でrsyncしたら、以下のように個々のサービスの有効・無効を設定します。(初期値は全て無効です)

$EUCALYPTUS/usr/sbin/euca_conf {--enable,--disable} cloud

$EUCALYPTUS/usr/sbin/euca_conf {--enable,--disable} walrus

$EUCALYPTUS/usr/sbin/euca_conf {--enable,--disable} sc

to enable and disable the CLC, Walrus and SC respectively. CLC, Walrus and SC execution and termination is controlled using the same script, "$EUCALYPTUS/etc/init.d/eucalyptus-cloud {start,stop,restart}"
CLC、Walrus、SCの有効・無効を切り替えるのは上記のように個別に行います。CLC、Walrus、SCの実行・停止は1つのスクリプトで行います。スクリプトは次のようなものです。"$EUCALYPTUS/etc/init.d/eucalyptus-cloud {start,stop,restart}"

The CC is controlled using "$EUCALYPTUS/etc/init.d/eucalyptus-cc {start,stop,restart,cleanstart,cleanstop,cleanrestart}"
CCの実行・停止は次のようなスクリプトで行います。"$EUCALYPTUS/etc/init.d/eucalyptus-cc {start,stop,restart,cleanstart,cleanstop,cleanrestart}"

If you have installed from packages, service enabling is done during package install, and service startup may have been done depending on your packaging method. If you install multiple services on the same host, but do not wish to enable them all, you can "--disable" the service, followed by a 'restart' of 'eucalyptus-cloud'.
もし(RPM, DEBなどの)パッケージからインストールした場合、パッケージをインストールした時にそれぞれのコンポーネントは有効にセットされ、マシンの起動時に自動的に起動するようにスクリプトがセットされています。同一の物理マシンに複数のコンポーネントをインストールして、全てを起動したくない場合は "--disable" オプションを使ってコンポーネントを無効にします(上記参照)。その後、'eucalyptus-cloud'スクリプトを'restart'します。

After the services are up and running, you'll need to stitch together your Eucalyptus cloud by registering them, so that they can start to communicate with one another.
各サービスが起動した後に、それぞれのコンポーネントを登録することで連携して動作するようにします。

Registering Services

サービスの登録

First, you will need to inform the Cloud Controller (CLC) the location of Walrus. To do this, run the following command on the CLC host.
まず最初にクラウド・コントローラ(CLC)に対してWalrusの場所を登録します。以下のコマンドをクラウド・コントローラ(CLC)で実行します。

$EUCALYPTUS/usr/sbin/euca_conf --register-walrus <Walrus IP address>

where "Walrus IP address" is the IP address of the host on which you have installed Walrus. In case your host has multiple IP addresses, pick the one that is visible from the CLC and clients, and note that 'localhost' or '127.*.*.*' are not valid Walrus endpoint addresses, even if your Walrus service is running on the same host as your CLC.
"Walrus IP address"はWalrusが動作するマシンのIPアドレスです。もしWalrusの動作するマシンが複数のIPアドレスを持っているのであれば、CLCと疎通可能なIPアドレスを選択します。またCLCとWalrusが同一のマシンに同居している場合でも、'localhost', '127.*.*.*'はWalrusのIPアドレスとしては無効です。

Next, you will need to register a Cluster Controller (CC) and a Storage Controller (SC) with the CLC. There is one CC/SC pair per cluster.
次にクラスタ・コントローラ(CC)、ストレージ・コントローラ(SC)、をクラウド・コントローラ(CLC)に登録します。クラスタ・コントローラ(CC)とストレージ・コントローラ(SC)は1つのクラスタにつき1つづつペアになります。

To do so, run the following commands on the CLC host,
以下の手順でCC, SCをCLCに登録します。

$EUCALYPTUS/usr/sbin/euca_conf --register-cluster <clustername> <CC IP address> 
$EUCALYPTUS/usr/sbin/euca_conf --register-sc <clustername> <SC IP address> 

where "CC IP address" and "SC IP address" are IP addresses of the CC host and the SC host respectively and "clustername" is the name you want to use for your cluster. Again, note that 'localhost' and '127.*.*.*' addresses are invalid.
"CC IP address"と"SC IP address"はそれぞれ別々に、CC, SCが動作するマシンのIPアドレスになります。"clustername"はクラスタの名前(任意の名前)になります。再掲ですが、'localhost'、'127.*.*.*'は、IPアドレスとして指定できません。

If you are installing the Cloud Controller (CLC), Cluster Controller (CC), Walrus and the Storage Controller (SC) on same machine, the IP address above will be the same in all steps.
もしクラウド・コントローラ(CLC)、クラスタ・コントローラ(CC)、Walrus、ストレージ・コントローラ(SC)を同一のマシンにインストールしている場合は、上記のIPアドレスは全て同じ値になります。

If you setting up multiple clusters, you will need to install a CC and SC per cluster and you will need to run the above "--register-cluster" and "--register-sc" commands for each cluster.
マルチクラスタ構成の場合は、クラスタ毎にクラスタ・コントローラ(CC)、ストレージ・コントローラ(SC)をインストールし、上記の"--register-cluster"、"--register-sc"コマンドで登録する必要があります。

If you are setting up multiple clusters, the networking options on each CC must be identical with the exception of VNET_PUBLICIPS, which may be set to CC specific values. In addition, if you are running in MANAGED-NOVLAN networking mode, then each CC's VNET_PRIVINTERFACE must be set to a valid bridge that is configured and running properly before the Eucalyptus CCs are started.
マルチクラスタ構成の場合、個々のクラスタのネットワークモードは同一でなければなりません。ただしVNET_PUBLICIPSで指定する値は個々のクラスタで異なる値を指定することができます。さらにMANAGED-NOVLANモードを選択している場合、VNET_PRIVINTERFACEで指定するネットワークインターフェイスは有効なブリッジインターフェイスであり、クラスタ・コントローラ(CC)を開始する前に適切に構成されている必要があります。

Finally, you need to register nodes with the CC. To do so, run the following command on the CC host
最後に個々のノード・コントローラ(NC)をクラスタ・コントローラ(CC)に以下のコマンドで登録します。

$EUCALYPTUS/usr/sbin/euca_conf --register-nodes "<Node0 IP address> <Node1 IP address> ... <NodeN IP address>" 

where "<NodeX IP address>" is the IP address of a host that is running a Node Controller (NC).
"<NodeX IP address>"はノード・コントローラ(NC)が動作しているマシンのIPアドレスになります。

In a multi-cluster setup, you will need to run this command on each CC in your setup.
マルチクラスタ構成の場合は上記のコマンドをクラスタ毎に行う必要があります。

At this point, you have successfully registered Eucalyptus components and you are ready to proceed to configuration.
これで全てのEucalyptusコンポーネントが正しく登録されました。Eucalyptusの設定に進みます。

戻る:Eucalyptus管理(1.6)

進む:Eucalyptusの監視(1.6)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-02 (日) 11:18:13 (3451d)