Scalarisの利用方法

Scalarisの利用方法について説明します。 ここではコンパイル後の、単一ノード上での動作テストを想定しています。

設定ファイル

Scalarisの設定ファイルとしては以下の2つが使用されます。

  • bin/scalaris.cfg 必須の設定ファイル。通常は変更せずにそのまま使用可能。
  • bin/scalaris.local.cfg 分散環境用の設定を行うファイル。デフォルトでは存在しない。

またbin/scalaris.local.cfg.exampleというファイルがあり、bin/scalaris.local.cfgの記述のサンプルになっています。

bootサーバの起動

Scalarisでは、bootサーバとレギュラーノードの2つの役割に分かれています。
bootサーバは分散環境で動作する際に、他のノードからの接続を受けることができます。

# cd bin
# ./boot.sh

起動後にエンターキーを押すと、そのままScalaris用のシェルが起動して、コマンドの入力を受け付けます。

bootサーバの状態確認

bootサーバ起動後、ブラウザからアクセスが可能になります。 通常は8000番ポートを使用しています。

scalaris_ss1.jpg

このWebページからは、接続しているノードの情報などを見ることができます。 また、KVSの操作として、key/valueの追加や読み出しをブラウザから行うことができます。

レギュラーノードの起動

bootサーバではない、通常のノードはレギュラーノードと呼ばれます。 以下のコマンドを実行することで、レギュラーノードが起動します。

# cd bin
# ./cs_local.sh

cs_local.shもboot.shと同様に、Scalaris用のシェルが起動します。 レギュラーノードが起動し、bootサーバに接続すると Webページ上で確認することができます。 WebページのNumber of nodes:の数字が増え、 RingやIndexed Ringのページでは円グラフによるノードの分布が確認できます。

2台目以降のレギュラーノードの起動

binディレクトリには2台目、3台目のレギュラーノードを起動するためのスクリプトがあり、 それぞれcs_local2.sh、cs_local3.shとして存在しています。 cs_local.shスクリプトの中身は以下のようになっています。

ID=1
NAME="node$ID"
CSPORT=$((14195+$ID))
YAWSPORT=$((8000+$ID))
 
export SCALARIS_NODE_NAME="$NAME"
export SCALARIS_ADDITIONAL_PARAMETERS="-scalaris cs_port $CSPORT -scalaris   yaws_port $YAWSPORT"

ABSPATH="$(cd "${0%/*}" 2>/dev/null; echo "$PWD"/"${0##*/}")"
DIRNAME=`dirname $ABSPATH`
 
$DIRNAME/scalarisctl -i node start $*

cs_local2.shでは最初のID=1がID=2と定義されており、その後はcs_local.shと同様の処理が記述されています。このようにしてプロセスの使用するポートの衝突を防いでいます。 このため、同様にIDを増やしたスクリプトを用意すれば、4台目以降用の起動スクリプトを作成できます。


添付ファイル: filescalaris_ss1.jpg 1155件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-25 (日) 11:34:40 (3437d)