Documents


Eucalyptus の概要

Elastic Computing(エラスティック=柔軟性のある汎用的なコンピュータの使用)、Utility Computing(ユーティリティ=必要な時に必要なだけ使うことができる公共的なコンピュータの使用)、そして、Cloud Computing(クラウド=クラウド的なコンピュータの使用)という(おそらく同義な)言葉は、利用者がインターネットから接続可能なコンピュータの能力を必要に応じて料金を支払うことで「借りる」ことが可能な、SLA 型のコンピュータを指します。現在、多くの営利企業が「エラスティック」「ユーティリティ」「クラウド」をキーワードとするホスティングサービスを提供していますが、とりわけ、プロプライエタリ(独占的)なソフトウェアによって、いわゆるクラウド環境は提供されてきました。これまで標準と言われるべき、オープンソースを用いるクラウド型のシステムは存在していなかったのです。

Eucalyptus (ユーカリプタス/ユーカリ)=Elastic Utility Computing Architecture for Linking Your Programs To Useful Systems(プログラムと役に立つシステムをつなぐための、公共性の高い、実用的なコンピューティング・アーキテクチャ)は、「エラスティック」(汎用的)、「ユーティリティ」(公共的)、「クラウド」といったコンピュータの使用環境を実装するためのコンピューティング・クラスタ環境や、ワークステーション・ファームで使うことが出来る、オープンソースのインフラストラクチャです。現時点における Eucalyptus のインターフェースは Amazon.com が提供する EC2(おそらく最も商業的に成功しているクラウドコンピューティングサービスでしょう)と互換性があります。インフラストラクチャはその他のクライアント型のインターフェースが利用可能となるように設計されています。更に、Eucalyptus はインストールやメンテナンスを簡単に行えるよう、一般的な既存の Linux のツールと同じように実装されているほか、基本的なウェブサービス技術を利用しています。

総じて、EUCALYPTUS プロジェクトの目標は、「エラスティック」(汎用的)、「ユーティリティ」(公共的)、「クラウド」といったサービスの技術的な実装や、リソースの割り当て方法、サービス水準合意(SLA)、機構、ポリシー、使用モデル等、コミュニティにおける研究開発の促進です。現在提供中のバージョンは 1.5.2 です。以下の機能を持っています。

  • Amazon EC2・S3 との互換インターフェース(いずれもウェブサービスと Query/REST インターフェースです)
  • 簡単なインストールと設定
  • 殆どの Linux ディストリビューションのサポート(ソースやバイナリパッケージの提供)
  • WS-security プロトコルを使った SOAP 通信で、内部の通信をセキュア(安全)なものに
  • オーバレイ機能を必要としている Linux 環境向けの最低限の修正
  • システム管理とユーザ管理を行うためのクラウド・アドミニストレータ・ツールズ(Cloud Administrator tools)
  • 1つのクラウド環境に複数のクラスタ環境(プライベートな内部ネットワークアドレスを使うなど)を構築する能力

原文:http://open.eucalyptus.com/wiki/EucalyptusOverview


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-16 (火) 18:30:42 (2687d)