Euca2oolsGuide

Eua2ools の使い方


Euca2ools は、認証のために暗号化証明書を使います。x509 認証と SSH 鍵を用いる認証の二つの方式があり、EC2 と S3 に互換性があります。リモートからコマンドを実行するだけであれば、後者の SSH 鍵を使った認証だけでも構いませんが、一番良いのは両方の認証を用いる方法です。さらに、ウェブサービスが 'localhost' ではない限り、EC2 ・ S3 互換サービスとしてのエンドポイントを URL で明示する必要があります。

証明書と URL は、コマンド・ラインのオプションによって、または、環境変数を以下の通りに設定することによって指定することができます。

環境変数オプション説明
EC2_URL-U または --url [url]http://host:8773/services/Eucalyptushttp://ec2.amazonaws.comhttps://ec2.amazonaws.com:443
S3_URL-U または --url [url]http://host:8773/services/Walrushttp://s3.amazonaws.comhttps://s3.amazonaws.com:443
EC2_ACCESS_KEY-a または --access-key [key]Access Key ID / Query ID を指定します
EC2_SECRET_KEY-s または --secret-key [key]Secret Access Key / Secret Key を指定します
EC2_CERT-c または --cert [ファイル名]ユーザ側の PEM 形式にエンコードされた証明書を指定します
EC2_PRIVATE_KEY-k または --privatekey [ファイル名]ユーザ側の PEM 形式にエンコードされた秘密鍵を指定します
EUCALYPTUS_CERT--ec2cert_path [ファイル名]cloud cert のパスを指定(オプション)

Eucalyptus 上で Euca2ools を実行させるのであれば、eucarc ファイルで上記すべての環境変数を指定しておく必要があります。また、Eucalyptus ウェブインターフェース経由で、証明書が含まれている zip ファイルのダウンロードも行ってください。

コマンド名は euca~で始まります。<コマンド名> --help と入力すると、基本的なヘルプが表示されます。また、man <コマンド名> と入力することで、man ページを表示することもできます。

機能

  1. イメージ管理
  2. VM制御
  3. ネットワークとセキュリティ
  4. ストレージ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-23 (木) 00:56:44 (3314d)