DynamicDNSGuide

Setting up Dynamic DNS

ダイナミックDNSの設定

The Eucalyptus cloud front end has a Domain Name System (DNS) service built into it that will respond to DNS requests in order to support virtual hosting of buckets (mapping bucket names to IP addresses) and instance DNS (mapping of hostnames to instance public and private IP addresses).
EucalyptusクラウドのフロントエンドにはDNSサービスが組み込まれています。このDNSサービスは2つの役割があります。1つはバケット名とIPアドレスを結びつける役割であり、もう1つはインスタンスのパブリックIPアドレスとプライベートIPアドレスのマッピングを管理する役割です。

Enabling DNS in Eucalyptus

EucalyptusのDNSを有効にする

Since most Linux distributions have "dnsmasq" or "bind" or another DNS server running on the same physical host as the CLC, DNS in Eucalyptus is disabled by default. The Eucalyptus administrator can enable DNS after disabling or re-configuring any other services that listen on port 53.
多くのLinuxディストリビューションでは"dnsmasq"や"bind"などのDNSサービスがあります。そのためにEucalyptusにビルトインされているDNSサービスはデフォルトでは起動しないようになっています。Eucalyptus管理者は53番ポートを使用するサービスを無効・停止したのちに、EucalyptusビルトインのDNSサービスを起動します。

To do so, edit $EUCALYPTUS/etc/eucalyptus/eucalyptus.conf on the CLC machine and change the value of "DISABLE_DNS" to,
クラウド・コントローラ(CLC)の$EUCALYPTUS/etc/eucalyptus/eucalyptus.confを編集し、"DISABLE_DNS"の値を以下のようにセットします。

DISABLE_DNS=N

then, restart "eucalyptus-cloud".
その後、"eucalyptus-cloud"を再起動します。

Note: To verify that the DNS service is running, try running "netstat -al" and look for 53. Port 53 should be bound by the process "eucalyptus-cloud"
付記:DNSサービスの動作を確認するには、"netstat -al"コマンドを実行し、53番ポートを探してください。53番ポートが"eucalyptus-cloud"プロセスに紐づけられていることを確認してください。

Configuring DNS in Eucalyptus

EucalyptusのDNS設定

First, login to the front end admin web interface (https://<front end IP>:8443) and click on the "Configuration" tab.
最初にWebブラウザから、https://<フロントエンドのIPアドレス>:8443 を開き、"Configuration"タブをクリックします。

Next, pick a subdomain within your domain that the Eucalyptus DNS system will service. Set the nameserver IP to the IP of the cloud front end that is accessible by your master DNS system. Then, set the domain that the Eucalyptus front end will service to <subdomain>.<domain>
次に自分のドメイン内の中で、Eucalyptusが動作するサブドメインを選びます。自分のドメインのDNSサーバから到達可能な、フロントエンドのIPアドレス(=EucalyptusのDNSのIPアドレス)をセットします。その後、選んだサブドメインを、<サブドメイン名>.<ドメイン名>の形式でセットします。

Finally, you will need to change your master DNS configuration to point to the CLC public IP (entered in the above step) as the nameserver for your chosen subdomain within your organization. Optionally, you can change your client's config (/etc/resolv.conf on Linux) to point to the cloud front end IP directly, but note that you will have to do this on each system that needs to access the Eucalyptus DNS service.
最後にEucalyptusで管理するサブドメインのマスターがフロントエンドのパブリックIPを指すように、自分のドメインを管理するDNSサーバの設定を変更します。必要であれば、個々のクライアントの設定(Linuxの場合であれば/etc/resolv.confなど)を変更し、Eucalyptusで管理するサブドメインのDNSサーバ(フロントエンドのIPアドレス)を参照できるようにします。

Using DNS

DNSを使う

After DNS is setup correctly, creation and deletion of buckets will automatically create DNS entries. The DNS service embedded in the CLC will respond with the Walrus IP when a DNS request is made for <bucketname>.walrus.<subdomain>.
DNSサービスが正しく動作していると、バケットの作成・削除に伴いDNSのエントリは自動的に生成・消滅するようになります。クラウド・コントローラ(CLC)に含まれているDNSサービスは、<バケット名>.walrus.<サブドメイン名>の名前解決リクエストに対してWalrusのIPアドレスを返すようになります。

In addition, instances IPs will be mapped as euca-A.B.C.D.eucalyptus.<subdomain>, where A.B.C.D is the IP address (or addresses) assigned to your instance.
また、インスタンスのIPアドレスは、euca-A.B.C.D.eucalyptus.<サブドメイン名>にマップされます。A.B.C.DにはインスタンスのIPアドレスが入ります。

戻る:Eucalyptusの監視(1.6)

進む:トラブルシューティング(1.6)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-02 (日) 14:45:02 (3247d)