Ceph/概要

クライアントの準備

Cephで提供しているストレージは,カーネルの機能でマウントするかFuseを使ってマウントすることが出来ます.

Ubuntu,Debian でのマウント

Ubuntuでは,10.10(Maverick Meerkat)からリポジトリに含まれています.
2010年9月の時点では,まだ正式にリリースされていないため,ここではUbuntu 10.10 (Maverick Meerkat) Alpha 3 を利用しています.

Fuse を用いてのマウント

Maverick では,標準で設定されているリポジトリからceph-fuse が利用できます.

$ sudo apt-get install ceph-fuse 

無事にインストールが完了すると,mount コマンドでマウント出来ます.
mount コマンド実行時に指定するサーバは,Monitorが動作しているノードであればどのノードでもいいようです.
ここでは,/mnt/ceph というディレクトリにマウントしています.

$ sudo mkdir /mnt/ceph
$ sudo mount -t ceph "MonitorノードのIPアドレス":/ /ceph

注意点として,Monitorノードを指定する際には,IPアドレスである必要があります.
FQDNを指定した場合,以下のようなエラーメッセージが表示されます.

mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on sheepdog1.jpcet.cc:/,
       missing codepage or helper program, or other error
       (for several filesystems (e.g. nfs, cifs) you might
       need a /sbin/mount.<type> helper program)
       In some cases useful info is found in syslog - try
       dmesg | tail  or so

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-09-06 (月) 05:37:41 (3120d)