Eucalyptus (OSS Elastic Computing) 日本語情報

Ceph

Cephは,Linux Kernel 2.6.34 から実装された分散ネットワークファイルシステムです.
高い信頼性(リプリケーション,フォールト・トレラント),ペタバイトまで扱える拡張性,POSIX互換という特徴があります.
Cephについての詳しい説明はこちらにも書いてあります.

Cephは,OSD(Object Storage Device,MDS(MetaData? Server),Monitorの3種類のサーバから構成されます.

OSD(Object Storage Device)

OSDは実際にデータの保存先となるサーバです.
データの保存先なので,サーバの台数,各サーバが提供するストレージ容量は大いに越したことはありません.
ファイルシステムとして,Btrfsが推奨されています.

MDS(MetaData? Server)

MDSはファイルシステムのメタデータの管理を行うサーバです.
主にnamespace(ファイルとディレクトリ)の管理を行ないます.
その他に,セキュリティ,コンシステンシ,コヒーレントの管理も行ないます.
OSD と MDS となるサーバには高速なCPU,大容量のメモリが必要です.

Monitor

Monitorはクラスタの管理を行うサーバです.
Monitorとなるサーバのファイルシステムの種類は特に指定されていません.
また,他のサーバと違いCPU,メモリはあまり使用しません.

以上3つのサーバは,それぞれ違うノードで動作させる必要はなく,1台のノードで複数のサービスを提供することも出来ます.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-06 (水) 18:37:09 (2510d)