クラスタノードとは

OpenNebula?において、実際にゲストOSを動作させるためのノードです。

動作環境

クラスタノードとして動作させるためには、仮想化技術に対応している必要があります。
仮想化技術としてはKVM,xen,VMWareが使用可能です。
また、sshdが動作している必要があります。

インストール

Ubuntuでは、クラスタノード用のパッケージが提供されています。

# sudo apt-get install opennebula-node

インストールすると、OpenNebula?用のアカウントなどが設定されます。

ブリッジの設定

ゲストOSをネットワークに接続させるため、ブリッジの設定を行う必要があります。 Ubuntuの場合は/etc/network/interfacesを編集します。 以下は、設定例です。

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto eth0
iface eth0 inet manual

auto br0
iface br0 inet dhcp
        bridge_ports eth0
        bridge_fd 9
        bridge_hello 2
        bridge_maxage 12
        bridge_stp off

フロントエンドノードへの登録

クラスタノードとして使用するためには、フロントエンドノードへ登録する必要があります。
KVMを使用するクラスタノードを登録する場合は、フロントエンドノードで下記のコマンドを実行します。
node0の部分には、クラスタノードのホスト名を指定します。 この名前を元に通信を行うので、フロントエンドノードが解決できる名前を指定する必要があります。

# onehost add node0 im_kvm vmm_kvm tm_ssh
Success!

Note: 'oneadmin' on this host needs to be able to ssh to oneadmin@node0,
so on this host, run:
    sudo -u oneadmin ssh node0

and verify the host's authenticity.

On node0, run this:
    sudo apt-get install opennebula-node

    sudo tee /var/lib/one/.ssh/authorized_keys << EOT
ssh-rsa
AAAAB3NzaC1yc2EAAAABIwAAAQEAu3TnQR5nmQNZLWjKCBIH2VcwkopsqknN3mET6PeeWJMcGFEj4QEq
8PHlmZgebEq99O5U2QwZxELTHb5PANaDU3sh7tIrvDWOKQADnBmonlPY+gkQcca+fqnqpASeMzkHY2Xp
sihKwRTgWYdOMhyb7GUCDJGSpAwXL+r2LZLyb2IvsxfgLZmpHnXSJrlx7tjFeclhXHQ06KHNsOmuJ5Es
us/rEJ+fTuMuAvlvDy14B7FimffVwhI9GKIHlP8gNd77skTFrSBQ9VJSWrcW/lgcr08eLGP4k6VEQrAA
zO2UWegT/CtCahtu8zJRITCdO2RhbJessve3AKDNiSlomBswIQ== oneadmin@frontend
EOT

登録後に出力されたコマンドは、後で順に実行する必要があるのでコピーしておきます。

まずはフロントエンドノードからクラスタノードへsshでログインします。 oneadminユーザとしてログインするのがポイントです。

# sudo -u oneadmin ssh node0
The authenticity of host 'node0 (x.x.x.x)' can't be  established.
RSA key fingerprint is xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?

sshでは、初めて接続するホストに対しては上記のようなメッセージが出てきます。 ここではyesと入力して登録します。

ログインしたクラスタノード上で、出力の後半部分のteeコマンドを貼りつけます。

# sudo tee /var/lib/one/.ssh/authorized_keys << EOT
ssh-rsa
AAAAB3NzaC1yc2EAAAABIwAAAQEAu3TnQR5nmQNZLWjKCBIH2VcwkopsqknN3mET6PeeWJMcGFEj4QEq
8PHlmZgebEq99O5U2QwZxELTHb5PANaDU3sh7tIrvDWOKQADnBmonlPY+gkQcca+fqnqpASeMzkHY2Xp
sihKwRTgWYdOMhyb7GUCDJGSpAwXL+r2LZLyb2IvsxfgLZmpHnXSJrlx7tjFeclhXHQ06KHNsOmuJ5Es
us/rEJ+fTuMuAvlvDy14B7FimffVwhI9GKIHlP8gNd77skTFrSBQ9VJSWrcW/lgcr08eLGP4k6VEQrAA
zO2UWegT/CtCahtu8zJRITCdO2RhbJessve3AKDNiSlomBswIQ== oneadmin@frontend
EOT

これで、oneadminユーザ用の公開鍵が登録されました。 一度ログアウトし、再度ログインします。

# exit
# sudo -u oneadmin ssh node0

パスワードやパスフレーズなしでログインできることが確認できれば完了です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-25 (日) 23:56:44 (3162d)