Hibariデータモデル

Hibariのデータ構造

Hibariは、多くのリレーショナルデータベース(RDB)と同様にテーブル単位でのデータ管理を行います。
但し、そのテーブルの名称については、Erlangにおけるatom(英小文字とアンダースコア「_」、アットマーク「@」のみを使用した文字列)に従った文字列である必要があり、カラム(項目)に関してはユーザの任意で決める事は出来ず、以下の5項目の定義に従った形となります。

項目名称データ型データ
格納箇所
項目内容
Keyバイナリ(binary)RAM実データに結びつくキーを格納します。
サイズに制限はありませんが、RAM中に記録されるために、あまり大きなデータを入れることは推奨されません。
Valueバイナリ(binary)RAMまたは
ディスク
実データを格納する項目です。
Keyと同様にサイズに制限はありませんが、実務的な速度を考慮し、16MB程度が推奨されています。
Timestamp数値(integer/time_t)RAMデータが格納されたタイムスタンプが格納されます。
殆どの場合、時刻は自動的に格納されるためユーザが意識してデータを格納することはありません
Expiration Time数値(integer/time_t)RAMデータの有効期限を示します。
ゼロが格納された場合は、データに有効期限がない(永続的データ)として見なされます。
FlagsリストRAMデータについての様々なフラグを格納するための項目です。
データ取得時に、この値を元にしてデータの絞り込み等をかける事が出来ます。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-02 (火) 17:15:30 (3329d)