CloudStack/概要

このページでは,CloudStackがどのようにネットワークの設定を行っているかを説明します.

Port Forwarding

CloudStackでは,Pod毎に仮想ルータが作成されます.
仮想マシンがインターネット上のホストと通信を行う際には,必ずこの仮想ルータを経由します.
つまり,CloudStackで管理されている仮想マシンは,常にNAT下にいることになります.
仮想マシンがインターネット上でサービスを提供するためには,仮想ルータのPort Forwarding機能を用いてグローバルIPアドレスでアクセス出来るようにする必要があります.

CloudStack上で仮想ルータは,Fedora12で動作しています.
通常,LinuxでPort Forwardingを行うには,iptablesを使用します.
CloudStackは,ブラウザ上から仮想ルータとして動作しているFedora12に対してiptablesの制御を行うことで直接仮想ルータを操作することなくインターネット上から仮想マシンへのアクセスを実現しています.

仮想ルータ内でどのような設定が行われているかは,仮想ルータにログインすると確認できます.

Port Forwardingを行うために仮想ルータが持っているIPアドレスの確認

# ip addr show

Port Forwadingを行っている設定の確認

# iptables -t nat -L

LoadBalancer?

LoadBalancer?は,言葉の通り負荷分散を行いサービスの冗長性を向上させる技術です.
CloudStackでは,Port Forwarding以外にこのLoadBalancer?を用いてインターネット上にサービスを提供することが出来ます.

LoadBalancer?の実装は,haproxyを用いて実現されています.
haproxyは仮想ルータで動作しており,グローバルIPは仮想ルータが持ちます.

LoadBalancer?の設定も仮想ルータにログインすることで確認できます.
設定ファイルは/etc/haproxy/haproxy.cfgに記述されています.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-15 (日) 23:44:56 (3346d)