first-time-setup-16

First-time Setup (1.6)

初回設定(1.6)

This document describes the steps for activating and possibly further configuring Eucalyptus after the software has been installed on all nodes (either from source or using binary packages).
このページでは、ソフトウェアをすべてのノードにインストール(ソースかバイナリ・パッケージかによって)した後、Eucalyptus の設定を行うステップについて述べています。

After you've started all components, you will need to perform registration so that they can communicate with each other.
Eucalyptusの全てのコンポーネントを実行した後に、お互いのコンポーネントが連携できるように登録する作業が必要になります。

Registering Eucalyptus Components

Eucalyptusコンポーネントの登録

This section will assume that you have installed all Eucalyptus components and they are up and running. We will assume that your Eucalyptus setup consists of one front end and one or more nodes.
この手順では、既にEucalyptusの各コンポーネントが正しくインストールされ実行中であることを前提にしています。またEucalyptusクラウドは、1つのフロントエンドと1つ以上のノードから構成されていることを前提にしています。

First, you will need to register various front end components. To do this, run the following commands on the front end.
最初に以下のようにコマンドを実行して、有効なフロントエンドを登録します。

$EUCALYPTUS/usr/sbin/euca_conf --register-walrus <front end IP address>

$EUCALYPTUS/usr/sbin/euca_conf --register-cluster <clustername> <front end IP address>

$EUCALYPTUS/usr/sbin/euca_conf --register-sc <clustername> <front end IP address>

Finally, you need to register nodes with the front end. To do so, run the following command on the front end,
フロントエンドを登録した後に、各ノードで以下のようにコマンドを実行して各ノードをフロントエンドに登録します。

$EUCALYPTUS/usr/sbin/euca_conf --register-nodes "<Node 0 IP address> <Node 1 IP address> ... <Node N IP address>"

where "<Node X IP address>" is the IP address of host X that is running the Node Controller (NC).
"<Node X IP address>"にはノード・コントローラが動作する各マシンのIPアドレスが入ります

At this point, you have successfully registered Eucalyptus components and you are ready to proceed to configuration.
これでEucalyptusの各コンポーネントを正しく登録することができました。次に初期設定に進みます。

First-time Configuration

初期設定

Point your browser to,
Webブラウザを開き、以下のアドレスを開きます。(訳注:"front-end-ip"にはフロントエンドのIPアドレスが入ります。httpsでアクセスすることに注意)

https://front-end-ip:8443

Since Eucalyptus is using a self-signed certificate, your browser is likely to prompt you to accept the certificate. On some machines it may take few minutes after the starting of the Cloud Controller for the URL to be responsive the first time you run Eucalyptus. You will be prompted for a user and password both of which are set to admin initially.
Eucalyptus は自己署名した証明書を使っているため、ブラウザでは証明書に関する警告が表示されます(ブラウザの指示に従って、例外を許可してください)。環境によってはクラウド・コントローラの初回起動後、Webブラウザのリクエストに応答できるようになるまでには数分かかることがあります。管理者のユーザ名、パスワードの初期値は admin です。

Upon logging in the first time you will be asked to
最初にログインした際には以下のような確認が行われます

  • change the admin password,
  • 管理者パスワードの変更
  • set the admin's email address, and
  • 管理者の電子メールアドレスの変更
  • confirm the IP of the Cloud Controller host.
  • クラウド・コントローラのIPアドレスの変更

After clicking 'Submit', you will see the 'Configuration' tab. Since you've used euca_conf to register Walrus and a cluster, they will be listed along with a few configurable parameters. Look over the parameters to see if any need adjustment. For more information, see the Management section.
'Submit'ボタンを押して初回の確認を完了すると、'Configuration'タブが表示されます。上の手順に置いてeuca_confコマンドでWalrus、クラスタを登録しましたが、その内容がパラメータに反映されていることがわかります。変更が必要であればこの画面で変更します。詳細はEucallyptusの管理を参照してください。

To use the system with client tools, you must obtain user credentials. From the 'Credentials' tab, Eucalyptus users can obtain two types of credentials: x509 certificates and query interface credentials. Use the 'Download Credentials' button to download a zip-file with both or click on the 'Show Keys' to see the query interface credentials. You will be able to use your credentials with Euca2ools, Amazon EC2 tools and third-party tools like rightscale.com. Create a directory to store your credentials, unpack the zip-file into it, and source the included 'eucarc':
クライアント用ツールを使うためには自分用の証明書を取得する必要があります。自分用の証明書を取得するには、Web管理画面より'Credential'タブを開きます。Eucalyptusでは2種類の証明書を使用します。1つはx509証明書で、2つめはクエリ用証明書(訳注:クエリ証明書は実際にはcert(公開鍵のような自己証明)とkey(秘密鍵)のように一対で使用する、比較的短い文字列情報です)です。'Download Credentials'ボタンを押して、zip形式にまとめられた証明書をダウンロードするか、'Show Keys'ボタンを押して、クエリ用証明書を表示することができます。証明書はEuca2oolsやEC2 Toolsのようなツールで使用します。またRightScaleのようなサード・パーティ製ツールでも使用することができます。クライアントに証明書の保存用ディレクトリを作成し、zipファイルを展開し、展開されたeucarcファイルをシェルの起動時に読み込むように設定します。

mkdir $HOME/.euca
unzip euca2-admin-x509.zip -d $HOME/.euca
. $HOME/.euca/eucarc

Note that you will have to source this file every time you intend to use the command-line tools, or you may add it to your local default environment.
Eucalyptusのコマンドラインツールを使う時にはeucarcファイルに記載された各種環境変数がセットされている必要があります。デフォルトでセットされているようにするのがいいでしょう。

(訳注)クライアントでeucarcを自動的にセットするには以下のような文を、$HOME/.bashrcファイルに追加します。

. $HOME/.euca/eucarc

戻る:Eucalyptusの設定

進む:ハイパーバイザの設定


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-04 (日) 23:21:13 (4567d)